ホースバンドの使用温度

ホースバンドの性能と機能

ホースバンドの取扱い説明書は読むようにしましょう

ホースバンドの使用温度

家庭でホースバンドというと、庭に水撒きをするために蛇口とホースを接続するときに利用する程度だと思います。

よくホースバンドが外れると思っている方は、ホースバンドの選択を間違っている場合があります。

一番ありがちなのは、ホースバンドの使用温度を守っていないということ。

ホースバンドに使っているホースの水温が5度以下になる場合や、50度以上になる場合は、著しくホースバンドの性能が落ちます。

夏の暑い時にホースバンドが緩んで外れてしまったというのは、ある意味当然なんですね。

夏の日差しに暖められたホースの中の水は、レンズ効果もありとても厚くなってしまいます。

レンズ効果というのはホースの中の水がレンズ状になり、他のところを暖めること。

まるでお湯のような水が飛び出してくる経験をしていると思います。

そういうときにはもう50度以上と想像できますから、蛇口からホースバンドが外れてしまうということになります。

あまり締め付けると、ホース自体を傷付けてしまいますので、ホースを傷付けない強さまでしか締め付けられないというが原因です。

ホースバンドというのも奥が深い製品なので、取扱い説明書は読むようにしましょう。

<ホースバンドについて> http://www.haikanbuhin.com/top/item/asp/cate.asp?s_cate4=11090&sort=Recommend&list_count_type=Light